ウォーターダイエット

ウォーターダイエットというネーミングを聞くと、1度に何リットルも水だけを飲んで過ごすようにイメージされる方もいらっしゃると思いますが、そんな過酷なものではありません。こんな方法を実践したとしても長続きしませんし、体を壊してしまう恐れもあります。

このウォーターダイエットとはズバリ、食事をしながら水を多めに飲むというダイエット方法です。

食事をしながら水を飲むと、食事の時間が長くなります。そうすると血糖値がゆっくり上昇し、インスリンの分泌を抑え、脂肪がたまらなくなります。

また、水を飲めば早く満腹感を得られるので、全体的な食事量が減ります。さらに、カルシウムなどミネラル分が豊富な水を飲めば、便通も良くなります。

このため、ダイエットに使う水は、ミネラルを多めに含んだものが良いでしょう。

国産のミネラルウォーターは加熱殺菌されているものが多く、ミネラル分はあまり期待できません。ただし、ろ過式のミネラルウォーターは、天然のミネラルが含まれています。

フランスのエビアンなどヨーロッパのミネラルウォーターは加熱されていないので、カルシウムの含有量が多いのが特徴です。カルシウムをとっても吸収されるのは3分の1しかありませんが、残りの3分の2は、腸を収縮させる働きがあります。この収縮は、便秘を解消する効果があります。

フランスなどに流行すると「生水は飲まないように」と言われることがありますが、これは水道水の衛生状態が悪いということではありません。フランスなどの水は硬水といって、カルシウムなどのミネラル分が豊富に含まれているからです。

普段軟水を飲みなれている日本人は、こういった硬水を急に飲むと、下痢をすることが多いんですね。逆に便秘気味の人がフランス旅行をしたら、便秘が解消したなんていう話もあります。

メタバリアスリムで便秘解消! TOPページに戻る

スポンサードリンク