低インスリンダイエット

少し前に「低インスリンダイエット」というダイエット方法が流行っていたことをご存知でしょうか。

このダイエット法は、血糖値を上げない食事内容にすることでインスリンの分泌を抑え、食事量を減らさずにダイエットしてしまおうという方法です。

ご飯やパンなどの糖質を摂取すると、腸でブドウ糖に分解、吸収されて血液に溶け込んでいって血糖値が上がっていきます。この時にすい臓からはインスリンが分泌されて、血糖値を上げすぎないように、一定の値に保とうという働きをします。

糖分を大量に摂取して一気に血糖値があがると、インスリンも大量に分泌されますが、対応しきれなかったブドウ糖は脂肪細胞に蓄積されてしまいます。従って、インスリンが大量に必要になってしまうような、高血糖な食事は結果的に体に脂肪を溜めることになってしまいます。

このため、血糖値をあまり上昇させない食事を摂取することが必要になるのですが、どのような食品を選べば良いのかというと、GI値の低いものです。炭水化物の食品は、種類によって血糖値の上がりやすいものとそうでないものがあります。GI値の低い食品を選ぶことで、インスリンが満遍なく働くので、脂肪が体内に溜まりにくくなるというわけです。

ただし、低インスリンダイエットは、あくまでも炭水化物の摂取について取り上げているものです。ダイエットにとって大切なのは、脂肪を減らすこと。このため、低インスリンダイエットだけに頼って、大きな結果を出すというのは、ちょっと難しいですね。

栄養バランスに優れたメニューを選ぶこと、一度に大量のカロリーを摂取しないこと、定期的に適度な運動を行っていくこと、筋肉を付けて基礎代謝を上げていくことなど、これらの要素も大切であることを忘れないようにしましょう。

メタバリアスリムで便秘解消! TOPページに戻る


スポンサードリンク