粉ミルクダイエットの内容

赤ちゃんの乳児期に必要な粉ミルクは、低カロリーな完全栄養食品です。粉ミルクの特徴は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌などを増やして免疫力を高めてくれます。このため、抵抗力が弱い赤ちゃんを病気から守ってくれるんですね。

ビフィズス菌はビタミンを生成する、体を病原菌から守る、腸内での腐敗を抑える、腸の蠕動を促進して便秘を防止する、発ガン物資を分解するなどの色々な健康効果があります。

さらに、粉ミルクは腹持ちが良いです。効果的に栄養素を摂取できるだけでなく、ダイエットにも有効な食品と言うことができます。

粉ミルクを利用したダイエット方法は、1日のうちの1食、あるいは2食を粉ミルクだけにして、1〜4週間続けます。もし、劇的な効果を期待するなら、2〜3日間全ての食事を粉ミルクにおきかえるファイスティング(断食)を行うのも良いでしょう。(初めてファスティングにトライする方は、相当の覚悟が必要だと思います。)ファスティング期間が終了した後は、いきなりドカ食いしないで、低カロリー、低脂肪の食品を毎回の食事で食べるようにしましょう。

最近は、大人用のダイエット粉ミルクも販売されているようです。赤ちゃん用のものでももちろんOKですが、粉ミルクを準備したら、約60グラムをカップに入れて、60℃ぐらいのぬるま湯で溶かします。万が一下痢をしてしまう場合は、粉ミルクの量を減らしましょう。

粉ミルクは便秘にも効果的な食品なので、もし便秘でお悩みの方が粉ミルクダイエットに挑戦したならば、驚きの成果を得られるかもしれません。

メタバリアスリムで便秘解消! TOPページに戻る


スポンサードリンク